ツクルバとは?

実空間と情報空間を横断した
場づくりを実践する
場の発明カンパニー。

2011年 竣工前のco-ba shibuyaにて。
左:中村真広(CCO)、右:村上浩輝(CEO)

2011年8月、創業者の村上浩輝(CEO)・中村真広(CCO)によってツクルバはスタートし、
「人と人、人と情報が交錯する「場」をつくりたい」という想いから社名を「ツクルバ」と名付けました。

はじめの事業としてシェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」を開始、
その後、パーティクリエーションサービス「hacocoro(ハココロ)」、
空間プロデュース・デザインに関する専門組織「tsukuruba design」を立ち上げ、
情報空間のデザインに関わるエンジニアチーム「tsukuruba technology」、
そして、リノベーション住宅特化の流通プラットフォーム事業「cowcamo(カウカモ)」が生まれました。

「事業の発展を通じて社会に貢献したい」という想いは創業当初から変わりません。

そしてツクルバは今、建築・不動産・テクノロジーを融合させて、
新しいスタンダードとなる場の発明に挑んでいます。

建築と不動産とテクノロジー

チーム

ツクルバというチームは、事業プロデュース、広告クリエイティブ、不動産流通、空間設計、メディア運営、編集、コミュニティマネジメント、イベントプランニング、飲食オペレーション、そしてIT領域のエンジニアリングに至るまで、多様な職能のメンバーで構成されています。それぞれが自分の「色」を持ちながら、所属を超えて混ざり合い、「新たな色」を生み出す共創型ワークスタイルを実践しています。

ツクルバにとって会社とは、「場の発明を通じて、欲しい未来をつくる」というミッションを共有しているコミュニティそのものであり、社員とはそのコミュニティの文化を共に生み出すメンバーなのです。

VISION 2020

この森をつくっているのは、ツクルバのメンバーと我々のサービスを使っていただくユーザーです。「co-ba」「hacocoro」「cowcamo」の3つの自社ブランドを、ユーザーとともに大きな樹に育てていきながら、「働く」「集う」「暮らす」を横断した生態系にしていきたいと考えています。
一方でこの森の足元には、大きな樹にならずに切り株になってしまったものもあります。たとえ実験的な取り組みが失敗に終わっても、切り株から新しい芽が生まれていく。失敗を恐れずアクションし、アイディアが切り拓く未来を我々は信じています。

自然界における動的平衡のように、変化しながら続いていく活動体をツクルバは目指しています。

ニュース