バックエンドエンジニア

なにをやっているのか

ツクルバは2011年8月にスタートし、「人と人、人と情報が交錯する「場」をつくりたい」という想いから社名を「ツクルバ」と名付けました。

はじめの事業としてシェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」を開始、その後、パーティクリエーションサービス「hacocoro(ハココロ)」、空間プロデュース・デザインに関する専門組織「tsukuruba design」を展開してきました。
そして実空間に限らず、情報空間にも事業領域を拡大し、リノベーション住宅特化のオンラインマーケット「cowcamo(カウカモ)」が生まれました。
ツクルバは今、建築・不動産・テクノロジーを融合させて、新しいスタンダードとなる場の発明に挑んでいます。

なぜやるのか

私たちが目指す「場の発明」とは?

そもそも「場」とは何を指すでしょうか?
目に見える場所、そこに関わる人々。そして目には見えない想い。これらの掛け合わせで立ち上がる、人と人、人と情報が混じり合う 「場」は人の想いを伝播させていく媒介役。
そして、「場」はリアルな場でもあり、バーチャル空間の場でもあります。また、それを横断したところにこそ、今一番面白い「場」がある、とも考えています。いかにリアルとバーチャルの垣根を越えて新たな創造を生み出せるか。私たちはスキルセットの異なるメンバー同士が領域を越えてコミュニケーションすることに、その可能性を見出しています。クリエイターとしての個性が認められ、つくることを止められない場がここにはあります。

どうやっているのか

ツクルバのTechチームとは

私たちは、コミュニケーション、Webサービス、空間など、テクノロジーとデザインの力で人々の「暮らし」を進化させるクリエイティブ・チームです。
例えば、家はいつからか住む人が住宅に合わせるという矛盾を生み始めました。
好みでない内装、ライフスタイルに合わない間取り、手が届かなかった街・・・。
様々な与えられた条件を受け入れる形で多くの人が住まいを選んでいます。
人が家に合わせるのではなく、人に合った家に住まうという本来の暮らしをテクノロジーとデザインの力で解決する。
そのように、レガシーな業界のスタンダードに囚われることなく、まだ業界が「知らない」、私達の世代が、自分らしく暮らすためのスタンダードをテクノロジーとデザインで作りたいと考えています。

こんなことやります

日本屈指のエンジニア、デザイナーで構成された独立ユニットの一員として、”場”をテーマに様々な事業を展開するツクルバのサービス開発に関わって頂きます。
Techチームは日本トップレベルのサーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア、デザイナーの最小単位で高速スクラム開発を行っていますが、更にスピードを上げていくため、私たちと同じ、あるいは更に高いレベルでディスカッションしながら、新しいサービスをつくっていく仲間を待ち望んでいます。

【制作体制】
バックエンド・フロントエンドエンジニア、デザイナーで構成される独立ユニット「tsukuruba technology」のバックエンドエンジニアとして、カウカモのサービス開発を担当していただきます。
[取材記事] http://careerhack.en-japan.com/report/detail/679

メインの開発言語はRuby on Railsですが、javascript、swiftなど、必要に応じて様々な言語を扱います。総じて、サーバーサイド系の機能開発、UI、UXの追及などが主な業務です。将来的には、新規事業も含む、ツクルバが展開するその他のサービスにも携わって頂きます。直近では、IoTを活用したオフィスデザインプロジェクトがあり、IoT領域への貢献が求められています。

■求めるスキル・経験
<MUST>
・Java/PHP/Perl/Ruby/PythonなどWeb系言語による開発実務経験
・Git, GitHubをつかったソースコードの管理経験
・多領域の最新技術にチャレンジするマインド
<WANT>
・Rails を用いたWebサービス開発実務経験
・クラウドインフラ (AWSなど) の構築運用経験
・継続的インテグレーション (CircleCI、Jenkins 等) に関する業務経験
■開発体制
「ConceptをTechnologyを用いて最速で実現する」を標語に、スクラムをベースにしたチーム体制でサービス開発を行います。コンセプトメイキング、仕様作成から見積、実装、デプロイ、テスト利用から活用まで、開発の一連の流れすべてにエンジニアが主体的に関わるイメージです。
毎日スタンディング形式で朝会と夕会を実施し、日々の業務シェア以外にも、流行っているサービスや、起こっている出来事などについてざっくばらんにコミュニケーションを行ったりします。それ以外の時間の使い方は自由。パフォーマンスを重視しています。

興味のある方は是非下記よりご応募ください。まずはお話だけでもどうぞ。

ニュース