コンテンツディレクター

募集概要

本募集は、「cowcamo」のコンテンツを創るコンテンツディレクターの求人です。

cowcamo は、「『1点もの』の住まいに出会おう。」をテーマに、厳選したリノベーション住宅をご紹介するリノベーション住宅特化のオンラインマーケットを中心としながら、暮らしの妄想、不動産の購入、そして理想の住まいを作っていくまでを一貫してサポートするサービスです。

これまで新築至上主義と言われた日本の住まい事情に、大きな変化が起こっています。
リノベーションが世の中に浸透し、現在流通している中古マンションの約半数はリノベ済みの物件です。

中古住宅の活用が進む中で、これまで新築流通を前提に構築された不動産情報サービスでは対応しきれない、中古住宅流通に最適なサービスが求められています。

私たちが取り組むのは、中古住宅の流通革命です。
不動産売買流通の世界は、リクルートが1996年に『住宅情報On The Net(現:SUUMO)』をスタートしてから約20年イノベーションの起きていない領域と言われています。

カウカモを通じて実現したいのは、テクノロジーとデザインの力で、質の高いリノベーション住宅を市場に供給し、その価値をきちんと発信し、付加価値を含む適切な価格で流通し、既存の不動産が住み継がれ、アップデートされ続けるサイクルのある世界。

巨大、かつレガシーな不動産業界を、構造から変えることで、住まい選びや暮らしの常識を変えていきます。

 

仕事の詳細

cowcamoで紹介する物件のセレクト、物件の魅力を最大限に伝える記事の作成するというサービスの根幹を支えるとても大事な仕事をお任せします。
「cowcamoを見て、はじめて住まいを購入してみようと思ったんです」
そうおっしゃってくださるカスタマーの方に、もっと楽しい住まい探しをしたい。
まだ未完成な余白を楽しみながら、cowcamoの未来を共につくる仲間を求めています。

 <具体的な業務内容>

・数ある中古物件から“cowcamoらしい”物件を目利き
・パートナーの物件記事ライターへの取材ポイント指示
・アップされた記事の編集・クオリティ管理
・実際に物件へ足を運び、取材および撮影を実施
・ cowcamoらしい、新しい不動産コンテンツの企画・制作
※cowcamoのサービス理解のために、cowcamoの購入希望のお客様に対して、物件の紹介を実際に行っていただく場合もあります。

求めるスキル・経験

<MUST>
・「不動産」や「住まい」への圧倒的な情熱をお持ちの方

<WANT>
・不動産売買仲介営業経験
・住まい、暮らしをテーマにしたメディアの編集経験

<こんな方に来てほしい!>
・とにかく「住まい」が好きな方
・「ご自身で中古リノベーション物件にお住まいの方」
・不動産・リノベーション・建築関連経験者
・不動産を買う人ってどんな人?のイメージがつく方、ないしはそれを猛烈にキャッチアップしたいと思ってくださる方。
・読書や映画が好き。活字に慣れ親しんでいる方。文章を書くのが得意な方
・東京での地縁がある方
・圧倒的熱量で、とりくんでくださる方

チーム体制

「cowcamo」では社内のエンジニアやデザイナーなど、各領域のプロフェッショナルが、互いに意見を出し合い、ディスカッションをもとにサービスをつくりあげています。

あなたの気づいた改善点やアイディアが、クイックにサービスに反映される環境にあります。

また、カウカモはまだまだスタートしたばかりの未熟なサービスです。

いちから自分の手で自社サービスをつくりあげる経験はそうあるものではないと思いますし、まだ未完成のサービスを圧倒的に成長させるその経験は最高にエキサイティングだと思います。

メッセージ

『リノベーション住宅を通じてTOKYOをストック活用時代の住環境におけるモデル都市に!!』

カウカモは、リノベーションによって既存住宅の価値がアップデートされながら循環し、未来に残すべき良質な住宅ストックを増やすことをミッションにしています。

成熟期に入った現代の日本では、都市中心部に開発する空きはほとんどなく、高度経済成長時代に供給されたマンションを有効活用することが都市の住環境における社会的な課題です。

中古マンションは、リノベーションによって新たな価値が付加されることで、現代の住まいとして再流通していく可能性を秘めています。
そこでカウカモでは、リノベーション住宅の流通を促進することで、新築・中古以外の選択肢としてリノベーション住宅を位置づけ、東京をストック活用時代の住環境におけるモデル都市にしていくことを目指しています。

ぜひ、私たちと一緒に、ワクワクする未来をつくっていきませんか?

まずはお話だけでも、ご応募お待ちしております。

興味のある方は是非下記よりご応募ください。まずはお話だけでもどうぞ。

ニュース

ブログ