コンテンツディレクター

なにをやっているのか

リノベーション住宅の魅力を伝え、「一点もの」の住まいとの出会いを提供する。

cowcamoは、東京の厳選した中古リノベーション住宅を紹介するオンラインマーケットです。

手を加えて仕立て直されたリノベーション住宅や、丁寧に住みこなされたヴィンテージ住宅。大量供給される新築マンションとは違い、中古リノベーション住宅は物語のある「一点もの」です。

そんな「一点もの」のなかから理想の住まいに出会うためには、数字で表せるスペックだけではなく、それぞれの住まいにしかない魅力をお伝えすることが大切だと考えています。

「陽当りや風通しの良さはどうだろう?」
「どのように管理されてきたんだろう?」
「どんな人がどんな想いを込めて手を加えた住まいなんだろう?」

スペックだけでは語り尽くせない魅力を丁寧にお伝えし、「一点ものの住まいとの出会い」を提供する。それがcowcamoです。

なぜやるのか

高度経済成長の画一的な大量生産・消費の世界の余韻が残り、未だ進化を遂げていない日本の住宅市場。
しかし、人々の価値観は多様化し、自分の好きなブランドを選ぶように住まいを選びたいという人が徐々に増え始めています。
cowcamoでは、そのような人々に向けて最適化したサービスを提供しています。

●経済成長戦略としての「中古住宅流通」

国により、2020年までに中古住宅流通・リフォーム市場の規模を20兆円まで増やす「中古住宅トータルリフォームプラン」が策定され、税制優遇などの規制緩和が始まっており、成長が予想される市場です。

●「多様な価値観と多様な暮らし」

人々の価値観の変化を追ってみると、住まい領域にもロングテール化が起こり始めています。好きな服を選ぶように、好きな住まいを自由に選択し、自分なりの暮らしをデザインできる。そんな世界が今求められているのです。

どうやっているのか

リノベーション住宅の流通促進で住まい選びを変える

cowcamoはリノベーション住宅の流通を促進するサービスです。
現在の日本ではまだ主流ではない「リノベーション住宅」という選択肢をスタンダードにすることで、新しい住まい・暮らしの在り方を提案すること、そして日本の経済を活性化し、社会全体を進化させることを目指しています。

流通促進のためにcowcamoが担う3つの役割

●「リノベーション住宅」に最適化されたメディア

現在のマーケットでは、たとえ良質な物件であっても、それが「中古」であるというだけで、その情報や、魅力が買い手に伝わりづらい構造になっています。cowcamoでは中古不動産のプロフェッショナルとして目利きをした良質なリノベーション物件を独自にセレクトし、1点ものの物件ひとつひとつを丁寧に取材。住まいを探している買い手が、リノベーション住宅のために最適化された情報を、スマートに、かつワクワクしながら得ることができる「メディア」です。

●リノベーション住宅に特化したプロフェッショナルのサポート

住宅の購入は、人生の中でも最も大きな買い物のひとつ。そんな重要な選択だからこそ、知識と経験が豊富なプロフェッショナルによるサポートが必要不可欠。cowcamoではリノベーション住宅に特化したエージェントが、お客様の暮らしに寄り添い、購入までのサポートを丁寧に行います。

●良質なリノベーション住宅の供給

リノベーション住宅の流通促進のためには、良質なリノベーション住宅が市場に供給されることが重要です。cowcamoで売買された物件や市場動向のデータ、cowcamoに訪れるカスタマーの声を分析し、リノベーションの企画・設計を行い、市場のニーズをフィードバックする形で良質なリノベーション物件をつくっています。

多種多様なメンバーの手でつくられる「cowcamo」

「cowcamo」は、役割の異なるチーム・多様な職種が柔軟に交わりながら、フラットに意見を交わし、日々サービスの開発・改善を行っています。日々最前線でお客様と向き合うエージェント、不動産サービスをテクノロジーの力でデザインし直すWebエンジニア、不動産目利きのプロとしてカウカモ掲載物件を選定し記事をつくるコンテンツディレクターなど、それぞれ異なるスキルや視点を持ったメンバーが職種の垣根を超え、議論を重ねてサービスをつくるユニークな環境です。

こんなことやります

仕事内容 

「cowcamo」に掲載する、物件情報などのコンテンツの企画・制作を担当します。
数あるリノベーション済み物件の中から、「これぞ、カウカモで紹介すべき!」と思える物件を確かな目利きでピックアップし、プレゼンテーションの切り口を考え、時には自ら取材を行います。デザインや間取りはもちろん、建物の管理状況や周辺環境等、的確に物件の魅力を引き出し、物件記事として伝える事がミッションです。

具体的な仕事内容

  • 数ある中古物件から“cowcamoらしい”物件を目利き
  • パートナーの物件記事ライターへの取材ポイント指示
  • 実際に物件へ足を運び、取材および撮影を実施
  •  cowcamoらしい、新しい不動産コンテンツの企画・制作

※cowcamoのサービス理解のために、cowcamoの購入希望のお客様に対して、物件の紹介を実際に行っていただく場合もあります。

興味のある方は是非下記よりご応募ください。まずはお話だけでもどうぞ。

ニュース