NEWS & TOPICS

News

co-ba amaが島根県隠岐郡海士町にオープン!

CONCEPT

最先端の「離島」海士町とつながる拠点
島の未来を創る、シェアードワークプレイス

co-ba amaは、島根県隠岐郡海士町という島に誕生したシェアードワークプレイスです。
元は保育園だった建物をリノベーションした『あまマーレ』という
コミュニティ施設の中に新設されました。
あまマーレでは「多世代交流を目的とした場づくり」「子育て支援活動」「リサイクル活動」
という3つの活動を軸にしており、多様なコミュニティが生まれる場所になっています。
co-baのある部屋は、親しみを込めて「勉強部屋」と呼んでいます。
その勉強部屋ではイベントが開かれ、会議が開かれ、
1人でパソコンを開く人がいれば、お昼休憩に来る人も。
その人たちみんながつながって輪になって、暮らしをより豊かにしていく。
仕事を軸に、出会いをつながりにする場を、海士町がつくっていきます。

全国で初めて「行政」が運営するco-ba。町役場が仕掛ける島の未来。

島根半島の沖合約60km、隠岐諸島の中にある海士町は、海・山・田畑がそろった自給自足のできる半農半漁の島です。

全国のco-ba NETWORKの拠点へ海士の旬の特産物を毎月お届けします。(各地のco-baの交流会などで堪能いただけます)


コミュニティマネージャー/森佑樹

京都府で生まれ育ち、大学卒業後、集落支援員として海士町教育委員会に入庁。コミュニティ施設『あまマーレ』の運営・管理を担当する。就職活動の課題内容で「人類LOVE」を宣言するほど、人との出会いや付きあいを大切にしている。矛盾しているが人見知り。

運営企画/寺田理弘

海士町に移住し6年目。海士町役場地産地商課に所属し、水産振興とともにIT事業者の誘致を担当しています。フェリーターミナルに事務所があるので、来島の際はいつでもお声掛けください! のっぽでメガネが目印です。

PRICE

 

2017年度は、海士町町役場による実験的な取り組みとして、無料で提供させて頂きます。

 

・co-ba amaは現在無料でお使いいただけますが、継続的なご利用の場合、会員契約させていただく場合がございます。
・co-ba ama契約者が全国のがco-ba NETWORKに乗り入れする場合は有料ドロップインとなります。
・島民や近接エリアの方がco-ba NETWORK会員になる場合には運営本部(渋谷)と別途ご契約を頂きます。
※詳細はCONTACTよりお問い合わせください。

 

 

co-baネットワーク会員とは?

全国各地にco-baネットワークが拡大しています。 co-baネットワーク会員に該当する方は、全国のco-baに乗入れすることができます。 それぞれの拠点ごとにオーナーもデザインも、テーマも異なる場も楽しみのひとつ。 「旅するように働く」そんなライフスタイルを実現してください。

co-baネットワークページへ


入会の流れ

入居ご希望の方は下記よりお申し込み下さい。お申し込み頂いたお1人お1人とご面談させて頂き、双方合意の上でご契約となります。

入会申し込みはコチラ

FLOOR

海士町にあるコミュニティ施設『あまマーレ』の一室をco-baに。

電源

WiFi

給湯室

ミーティング
スペース

キッチン


GALLERY


CALENDER

ACCESS

島根県松江からフェリーに揺られること約3時間。
隠岐諸島の島根県海士町。
ゆっくりのんびり、島を楽しみに来てください。


google mapで見る

OUTLINE

住所 〒684-0403 島根県隠岐郡海士町大字海士4958-1
電話番号 08514-2-2525
交通 県道317号を直進、海士町郵便局を左折、1本目右折(看板有)・ 菱浦港より車で15分 / 自転車20分 / 徒歩1時間
オープン時間 10:00-17:00(平日)木曜休館
貸切予約可能時間 9:00-22:00(平日)
運営 海士町

CONTACT