HIROKI MURAKAMI

採用と組織についてのこだわり

先日社内のslackでこんな話題が。


(弊社取締役上村氏との関係についてはこちら

成功した起業家がSNSでポジティブにシェアしているのを僕も見かけました。

記事ではこんなフレーズが。

採用に狂っている会社かどうか

社内のメンバーもこれを見てコメント。

共同代表である僕と中村が採用にコミットするのはもちろん、ツクルバでは黎明期から「全員採用」を標榜してきました。

記事中では「代表の50%以上の時間を採用に使う」と書いてありますが自分としては30〜50%は「人のこと」に脳みそと時間を使っている感覚があります。

ツクルバで採用・人事についてこだわっている(きた)ポイントを挙げるならこんな感じです。
人事は急拡大する中で発生している問題に対処しながら今年まさに大きく取り組もうと思っているところです。

採用
・まだメンバーが10人ちょいしかいないときに”採用専任者”を採用する判断をした
・採用のためなら代表がいつでも時間をあける
・全体総会でしつこいくらいに「全員で採用するんだ」と言い続ける
・リファラル採用インセンティブを設けている(割とみんな貰っている)

人事
・部署横断型のコミュニティ委員会を設置
・代表とメンバー全員の定期面談
・年始に全員で合宿(ガチ)
・夏に全員で社員旅行(キャンプ)

つい最近も代表2人が1on1もしくは2on1でメンバー全員の定期面談をしました。メンバーが40人ほどになってきたのでそろそろ厳しいかと思いましたができる限り全員と続けていきたいと思います。

また、まだメンバーが10人ちょいだった頃に”採用専任者”を採用すること決断。この決断はアカツキ香田さんのアドバイスもあって意思決定したのですが、後々複利的に効いてくる最高の打ち手でした。

また、ツクルバではリファラル採用を推奨していますが、僕と中村が一番周りの人を巻き込んでいます。会ったことある人は全員採用対象だと思っています。笑

「この人と一緒に仕事したいな」と尊敬する先輩方がジョインしてくださったり、縁に恵まれて拡大をしてきました。

会社が小さい時は焦って人を採用しがちですが、妥協せずつくりあげた組織文化は何にも変えがたい無形資産であり、会社を長く続ける時は複利的に効いてくるというのが我々の経営思想です。

これからも「人に時間をつかう」会社であり続けたいと思います。

 

【告知】
tsukuruba technology主宰でengineer youth lab. というコミュニティを立ち上げました。

小規模目でコアになる第1回目のイベントをやろうと思っています、ご興味ある方ぜひ。

https://www.facebook.com/events/1646453908704163/

2年でオフィスが18倍に拡大したので色々と考えてみた

2016年10月1日より、ツクルバは合計200坪(約661㎡)の新オフィスで業務を開始しました。
ちょっと振り返る為にツクルバのオフィス遍歴をまとめてみます。

2011.08~2011.11 共同代表中村の自宅(エレベーターなしビルの4F) 家賃ゼロ
2011.12~2014.10 co-ba shibuyaでシェア 家賃ゼロ
2014.05~2014.10 小池ビル(超おんぼろマンション、トイレは和式) 11坪、9000円/坪
2014.11~2015.05 青山セブンハイツ(築古マンションをDIY) 37.41坪、10000円/坪
2015.05~2016.09 テイルウインド青山(初めての独占1フロア、居抜き+DIY) 73.48坪、契約上非開示
2016.10~              第2育良ビル(アカツキオフィス居抜き) 200坪、契約上非開示

小池ビルが11坪で、新オフィスは200坪なので、家賃を払うオフィスはこの2年間で18倍強に拡大したことになります。

外見は一見派手な移転に見えるかもしれませんが、実態は全くそんなことはありません。振り返ってみると我ながらチームメンバーの協力のもとかなりストイックにやってきたなと思います。

創業して3年間は家賃ゼロ、その後も基本的に坪単価は10000円前後、内装は基本DIY(自主施工)でした。
ここには契約の都合上細かく書けませんが、新しいオフィスもびっくりするような低いコストで移転しています。(好条件でオフィスを譲ってくれたアカツキ社は神)

企業が利益を出すためには、売上を上げて経費を下げるしかありません。
当たり前のことです。

しかし身の丈を超えた資金調達が可能な昨今、とかく調達した経験浅い起業家は資金の使い方を勘違いしがちに見受けられます。投資フェーズにおいては「真に投資すべきことだけ」に集中するべきだというのが私の考えです。
それは事業の成長を最大限加速するためであり、応援してくれる投資家に誠実に対応するということです。
また、少しひいた目線だとそれは何よりも信じてついてきてくれる社員を守るためです。
事業が成長し続けることがベンチャーにとっての”安定”なのです。

別に「今日も圧倒的成長」的な意識高い話をしたい訳でもポエミーなことを言いたい訳ではなく、客観的事実です。
「創業後3年以内の廃業率は70%」というのは通説ですが、上場企業の倒産件数は2015年度で3件、全体が3511社なので約0.08%程度です。
社員含めた全てのステークホルダーに報いる為にも、まずは成長フェーズを物凄いスピードで突き抜けることが必要です。(その後は大企業病との激しい戦いが待ち受ける)

共同代表の中村と私は、関連会社含めたツクルバ一同が絶対に成功することを確信しています。
だから、投資家選びも「こんなにうちの企業価値が低い段階で投資できる機会をつくったのだから、金銭的に得してもらいたい相手に入れてもらおう」と本気で思っています。
また一方で、自信が過信にならないよう、自分たちを叱ってくれる存在として年齢が倍くらいの経験豊富な方を役員会に招き入れたりもしています。

話が若干逸れました。
こういった背景から、いたずらに「資金があるから贅沢にしよう」という考えには絶対に至らないようにしています。
また、多少大きくて綺麗なオフィスに移ったことによってチームに慢心が生まれたりストイックさが失われたら元も子もありません。
この間社内の総会で「僕らは、バンドで言ったら地元の小さなライブハウス(せいぜい100人強)でようやくワンマンができるレベルだ(から驕ってはならない)」と話しました。
まだまだ我々は挑戦者です。オフィスの拡大は事業の拡大とは別です。事業はこれから自分たちの手で拡大していくのです。

早く、ふんだんな営業キャッシュフローから社内環境などに充分な投資をできるフェーズに行きたいと思っていますが、今のメンバーであればそう遠くない未来だと確信しています。

2

「運」と「才能」

「運」と「才能」について

先日ツクルバの全社総会で、こんな話をしました。

チャンスはいつ訪れるかわからない。

準備をし続けた者だけがそれをつかむことができる。

人はそれを、「運が良い」と言う。

何か上手くいっている人をみると、「あいつは運が良い」「上に気に入られてるだけだ」ということを言う人がいますが、これは”準備を怠っている人”の言い訳のように感じます。

チャンスが来たときにすぐに反応できなければ、いずれにせよ結果は出せないし、そういう人には危なっかしくて中々チャンスをあげにくいものです。

「運が良い」人は、たとえ逆境に陥っても前向きに取り組み続けることのできる人なんだと思います。

そうして、今できることを全力で取り組んでいった結果、チャンスが訪れた時にそれをつかむことができる。

ひょっとして当人からしたら、ただ目の前のことを全力で取り組んでいるだけで、「チャンスがきた」とすら考えていないのかもしれませんね。

これともう一つ似たような話をしました。色んな人が引用しまくっているので既知の方も多いかと思いますが、鴨川会長(漫画「はじめの一歩」登場人物)の言葉です。

努力した者が全て報われるとは限らん。

しかし、

成功した者は皆すべからく努力しておる

これも同じです。「あいつは才能があるから」で片付けるのは簡単ですが、大抵結果を出している人は恐ろしい程の努力を重ねているものです。

「自分には才能がない」という人は、ほとんどの場合が「努力不足」なのではないでしょうか。

元アスリートの武井壮さんは、現役時代に自己ベストを更新し続けるために、6年間毎日「室温、気温、体温、着ている服の素材、食べたもの」など自分のコンディションに関わるあらゆるものを記録し続け、「どういう状態の日がコンディションが良かったのか」を合わせて記録、”どうすれば自分が調子が良くなるか”を徹底的に分析したそうです。これにより武井さんは日本チャンピオンに。

ちなみに、体温一つとっても「脇の下、肘裏、膝裏などあらゆる箇所」を記録したそうです。ハッキリ言って狂気的ですよね、でも本人は「勝ちたかったんだからこれくらいやって当たり前」とサラっと。

アスリートなど勝ち負けや順位がハッキリと出てしまう競技であるならそれでも勝てないこともありますが、仕事においてはほとんどの場合、自身の努力によって道が拓けると思っています。

決して自己啓発的な話ではなくて、「自分がどうやったら仕事で成功した状態(=イメージ通りの姿)になれるか」を徹底的に思考し、日々の行動レベルまで因数分解していけば必ず道は拓けます。

50歳になって自分の人生を振り返った時に「もっと、あの時やれたな・・・」と後悔しないために。

「運」と「才能」は実は自己が生み出した要因によって左右されているよね、というお話しでした。

初めての新卒入社式

2016年4月1日、ツクルバとして初めての新卒入社式を行った。

僕は特別な想いで新卒を迎えていた。少し昔の話になるが、2009年の4月、つまり今から7年前の4月1日に自分は新卒でコスモスイニシアに入社し、当時役員だった高野さんの話を聞いた。その頃のコスモスイニシアは既にリクルートからMBOをして独立していたものの、役員は全員初期リクルートのDNAを色濃く受け継ぐ人たちで、人間くさく優秀な人たちばかり。僕にとってその時の高野さんの言葉は、自分の仕事人生に大きな影響を与える指針となった。

そして入社式から7ヶ月後に、僕は会社を去った。リーマンショックの影響を受けたコスモスイニシアは企業の存続危機にさらされており、事業再生ADRの着手としてコスモスイニシアは社員約700人のうち半数をリストラせざるを得なく、役員は総辞職、新卒も全員がリストラ対象だった。

その後、時を経て僕はコスモスイニシアで同期だった中村真広とツクルバを創業、会社がどうにか軌道に乗り始めたタイミングで、高野さんを取締役として迎え入れたいとオファーを出し、それを受け入れてもらった。

話は入社式に戻るが、自分が新卒の時に影響を受けた高野さんの話を、今のツクルバの新卒も聞いている。不思議な感覚もあるが、安心感と喜びの気持ちが大きい。

また、自分か”入る”立場の時は、特別な感情はなかったが(会社の存続が危うい時期だったのもあるが)、新卒を”迎える”立場になって初めて、「あぁ、まだ小さいけど確実に、僕らは社会の一部を担っているんだな」という喜びと責任感を感じた。
彼らを「どうやって育てようか」なんて考えいるが、僕らの方が彼らを迎えることで成長させて貰っているのだな。

一括採用は反対派だけど、こうして4/1がみんなの特別な日になるのはわるくない。

IMG_3834

僕らツクルバが投資を受ける理由、資本主義を乗りこなす

2016年1月27日に資金調達のリリースを出しました。

随分間が空いてしまいましたが、社内外で本件について聞かれることも多く、また本件について僕よりも先にグロービス・キャピタル・パートナーズの投資家でありツクルバのボードメンバーに参画した上村氏にとても熱の込もったブログ記事を書いてもらっています。毎月新メンバーも増え、4月から新卒も入ってくるので、改めて意思表明を兼ねてアンサーブログを書くことで、本ブログ初投稿にしたいと思います。

上村氏のブログ
http://kotauemura.hatenablog.com/entry/tsukuruba_gcp

■そもそも”投資”とは

投資(とうし、英語:investment)とは、主に経済において、将来的に資本(生産能力)を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す(現代において、生産能力の増加しない商業活動はこれに含まない)。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。
どのような形態の投資も、不確実性(リスク)が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性(リスク)も高まる。この一般則に反する取引が可能な場合、裁定取引が行われ、収益率の低下またはリスクの増大が起こる。

ベンチャーキャピタル(venture capital、略称:VC)とは、ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社(投資ファンド)のこと。主に高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行い、資金を投下するのと同時に経営コンサルティングを行い、投資先企業の価値向上を図る。担当者が取締役会等にも参加し、経営陣に対して多岐にわたる指導を行う。

(出典:Wikipedia)

つまり”投資”とは、要は資本(分かりやすいのは資金=お金)を効率よく使うことでより増やす活動のことですね。そしてその中でも”ベンチャーキャピタル”はツクルバのような未上場企業に対して”ハイリターン”を期待して、資金と人的資源を投下する投資会社(orファンド)です。投資会社は、いくつかの形態にわかれますが、分かりやすいのは企業や個人からの直接投資と、ファンドを通じた投資がベンチャー投資の主流です。この辺は私が専門家でないので細かい説明は省きます。

■何故ツクルバが投資をうけるのか

ツクルバは設立から5期目と暦は浅いですが、メンバーのおかげで黒字経営を続けている企業です。投資を受ける必要があるのか?とよく聞かれました。

僕は起業当初、ベンチャーキャピタルから投資を受けることは懐疑的でした。なぜなら、投資を受けるということは、ハイリターンを返すことが約束となります。しかも、自分たちの成功を誰よりも自分たちが確信を持っているので、自分たちが自分たちへ投資することが一番効率が良いと思っていたからです。

しかし、元ウノウCEOで現メルカリCEOの山田進太郎さんに相談をしたことがあり、そこから考え方が変わりました。その頃進太郎さんは、新サービスのメルカリを立ち上げたばかりの頃で、すでに外部から資金を調達していました。僕はこう聞きました、「進太郎さんって、もう既に沢山お金がありますよね。成功すると思っているなら、自分で自分に投資した方が効率がよくないですか?」すると進太郎さんは、「うーん、まあね。でも、投資を受けるということは自分に対するプレッシャーをかけることにもなるんだよね。絶対に上手くいかせる覚悟っていうか。あとは他人資本を巻き込むことで応援してもらえるしね。」

進太郎さんがどういう意味で言ったのか真意はわからないですが、これは僕には衝撃的でした。

起業家にとって一番畏怖するべきは、”最初に掲げた自分自身の高い志や目標が風化すること”だな、とその時思ったのです。その後に、共同代表の中村に相談して意思を固め、第1回目の投資ラウンドをEastVentures・アカツキ・個人投資家から実施することになりました。

資金を投下される(≒ここでいう投資をうける)という行為は、赤字で困っている企業が受けるイメージだけがあるかもしれませんが、それは誤解です。”目指すべき地点に到達”する為に資金や力が足りないから、自分たちではまかないきれない量の資金を集めサポートを募る。逆を返せば「他のことに資金を使うなら、ツクルバに使った方がリターンが良くなるから、投下してくれ」という自信と覚悟があるということです。

つまり僕たちは、困ったから資金を集めるのではなく、確かな自信と覚悟の元で、未来の設計図からの逆引きをして投資を受ける決断をしました。

■なぜグロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)だったのか

僕らが今回の資金調達のメインとしてGCPを選んだ理由は、その実績、そしてパートナー(代表)を筆頭にチームの素晴らしさはもちろんですが、上村康太という人物を置いては語れません。

上村氏との出会いは、今から5年前の2011年。当時僕らが始めたコワーキングスペースco-baに遊びに来てくれたのがキッカケで、同世代ということもありそこから親交が続いています。彼はその後自身で創業した企業を売却し、買収した企業の要職に就いた後、投資家としての人生を歩むためGCPにジョイン。

余談ですが彼に投資家になることをそれとなく勧めたのは僕だったのですが、その時から「いつか”その日”がくるかもな・・・」と思っていました。

2016年以降の市場の混乱をある程度見据え、2015年夏頃に、友人としてではなく投資家の上村氏として「冬に備えて資金調達の相談をしたい。」と伝えました。そこからディスカッションパートナーとして数ヶ月を経て、彼の投資家としてのビジョンと情熱は確かなものだと確信し、投資判断をくだすフェーズで信頼は厚いものとなりました。

そして、数年前にイメージした、投資家として上村氏がツクルバに投資をする”その日”が現実のものとなりました。

■ツクルバが目指す未来

ツクルバは、創業者や創業期メンバーが亡き後も永続的に発展し、価値を生み出し続ける企業となることを目指しています。米国でいうと、General Electric,Apple,Walt Disneyなど、日本でいうと、トヨタ、ホンダ、ソニー、リクルート などはイメージし易いでしょうか。

「おいおい、いきなりデカイこと言い出したな」と思うかもしれませんが、これは僕らツクルバが共同創業者2人だけだった時から一環して言い続けていることです。

1人目の社員にも、真顔で伝えてます。社員が5人になった時にも、そしてもちろん今でも言っています。

■資本主義を乗りこなす

“志と算盤”という言葉を、僕たちは頻繁に使います。自分たちがやりたいことを成す為には、メンバーの指標となるべき志(=ビジョンやミッション)とそれを成し遂げる算盤(=実力)が必要です。企業の”実力”とは、影響力の大きさや組織の強さ、資金量や独自資産の有無などの複合的な指標になると思います。

さて、ここで一つ思うことがあります。

「これからの社会において、”規模の拡大”や “成長主義”は本当に必要なのか?シェアや個の台頭によって資本主義はもはや崩壊し始めているのではないか。」と。

確かに、ツクルバやアプト(グループ会社)が展開する事業の多くも、時代背景に合わせて自然と”シェア”であったり”リユース”といったテーマを持っています。しかし、例えば、従業員持株会が筆頭株主のまま上場したリクルートの例や、本来GDPに現れなかった個人間取引を事業化したメルカリを挙げても、資本主義は崩壊ではなくその姿を変態させているように感じています。

僕らは、この変化する資本主義社会を乗りこなし、新しい解になりたいと考えています。でなければ、事業が自己満足の範疇を超えないと思っているからです。いたずらに規模の拡大だけを追わず、利益の最大化は目的ではなくあくまで手段。(※”いたずらに”追わないだけで、規模の拡大も手段として必要なことです)

そんなツクルバが資本主義の仕組みを上手く利用して、社会にとって必要な企業になることを目指したい。長期の目線を持って組織と事業をつくる企業が、最後は社会的にも金銭的にもリターンを持たらすと信じています。

■歴史は後づけ、未来はつくれる

僕らがこれで会社が大きく成長し、社会的にも金銭的にもリターンを出したとしたら「やはり長期的な目線を持つことが大事だ」と言われたり、はたまたツクルバは共同代表制なので「共同代表の方が大きく成功し易い」と言われるかもしれません。

もし逆の結果が起きれば、「やはり理想ばっかじゃ儲けられないからダメ」「代表は1人にするべき」と言われるかもしれません。

歴史はいつも後づけで、結果で語られます。しかし、未来は今からつくることができます。僕らはツクルバを正解にしたいと思い、今を生きています。それは並大抵のことではないと理解しているつもりです。尋常ではない努力をやり尽くした上で、時代に見染められるような運がないと、最終到達地点には行けないでしょう。

でもだからこそ、人生掛けてやる価値がある。

最高のパートナーである共同代表の中村と、今集まってくれているツクルバの礎を共につくってくれるメンバー、そして僕らに夢(とお金)を託してくれた投資家の方々と共に、未来のツクルバをつくっていきたいと思います。

******************

追記:4月8日の19時から、グロービス経営大学院にてGCP上村氏とヤフー株式会社伊藤羊一氏とセッションさせていただきます。もしツクルバに興味がある方は是非おこしください。
イベントページ→https://www.facebook.com/events/226737881012321

IMG_7657+

2016年2月、ツクルバオフィスにて

仲間募集中です