最近、とあるテキスタイルデザイナーと出会った。

「模様を描いてるんです。心の模様だったり、風景の模様だったり。」

自分の仕事を語りながら、彼はそんなことを言った。

 

最近、「チームネット」という会社の20周年パーティがあった。

環境共生やコーポラティブといった価値観がまだ認知されていない頃から事業展開を行ってきたチームネットは、尊敬している会社の一つだ。

「コミュニティは風景に宿る。」

時間をかけて育まれてきた住民たちのコミュニティと、それを象徴する木々たちを語りながら、代表の甲斐徹郎さんは、20周年講演の最後のスライドを締めくくった。

 

最近、「木工房ようび」を応援するイベントを開催した。

数年前から交流を続けて、幾つかのプロジェクトで一緒に活動してきた木工房ようびは、岡山県西粟倉村を拠点にひのきを使って西洋家具をつくるという試みを続けている。その彼らの工房が、今年1月に火災で消失してしまった。今回はその応援イベントとして。西粟倉の皆さんも東京に来ていただき、東京のようびサポーターが集まるイベントになった。

やがて風景になるものづくり

彼らが目指すのは、家具をつくることで未来の森をつくること。「何があっても作り続けるしかない。」と、木工房ようび代表の大島正幸さんはそれが自分の天命のように話していた。

 

川の流れに川底が削られ、土砂が堆積するように、風景はつくられていく。風景と向き合うには、人間が把握できるリズムをちょっと越えた時間軸が必要なのかもしれない。

 

ツクルバはどんな「風景」になっていくだろうか。

8月で5周年。まだ5年である。

「風景」には程遠い。

 


ツクルバでは、新しいメンバーを募集中!
興味のある方、ぜひお気軽にご応募下さい!