好きな中国語は「嶺上開花」。どうも、インターンのtommyです。

さて、エンジニアのみなさん昨日の晩ごはんは何を食べました?

え?納期前でカップラーメン?バグ対応に追われてハンバーガー?

そんなジャンキーな生活をしていると、身体が持ちませんよ!たまには胃に優しい物を食べて内側からリフレッシュしてコンディションを上げましょう。

というわけで、ツクルバでは11月25日にMeetupでよく出るピザの代わりに、身体に優しい中国粥を振る舞う、第二回エンジニアMeetupを行いましたので、その様子をお伝えします。

いつものMeetupとは違い、まったり座りながら食べるスタイル!

kayu01

身体をいたわると言いながらも、やはりコミュニケーション上ビールは欠かせません。
まずは、ビールで乾杯をしてみなさん軽く自己紹介をします。今回も、ベンチャーからSIerまで多種多様なエンジニアの皆さんに集まっていただきました。

kayu02

乾杯の後は、早速食事です。今回のホストである中国出身エンジニア、Lennieがチョイスしたおかずとともにみんなでお粥をいただきます。どうもお粥の中に、揚げパンを入れて楽しむのが通な食べ方らしいです。とても美味しかったので、ぜひみなさんもご自宅でお試しください!

Uberが出合い系!?独自の進化を遂げる中国のアプリ事情

お粥でお腹が満たされたところで、今回のメインコンテンツです。中国出身エンジニアのLennieが中国のアプリ事情を語ります。

kayu04

中国では自国のIT産業を育てるため、GoogleやFacebookといった国外のサービスの利用が規制されています。そこで、まずはそれらのアイデアを「パクる」ことからスタートします。

・Google → Baidu
・Twitter → Weibo
・Facebook → 人人网
・Line → WeChat

といったようにみなさんご存知の超有名サービスにそっくりなWebサービスがたくさん存在しているので、あの手この手をつかってぜひチェックしてみてください!

しかし、ただ模倣するだけではありません!それぞれのサービスは、中国ならではの使い方をされています。

例えば、Googleを真似した「Baidu」の検索順位はページランクではなく、支払った金額で決まります。また、twitterに似ている「Weibo」は画像を駆使して140文字以上の文章が投稿されています。

特に面白かったのは、「Uber」で、高級車を持っている男の人が運転手となり、可愛い女の子のみを乗車させる完全な出会い系アプリに進化しているそうです。

kayu05

共有された中国のIT事情に興味津々で思わず立ち上がる会場。Lennieへの質問がとまりません。

まとめ

kayu06

いかがでしたでしょうか?
ご参加の皆さんは、お粥を完食して良いコンディションで華金、週末を迎えられたことと思います。
コンテンツとしても、よくニュースサイトで取り上げられる本場アメリカのIT事情ではなく、なかなか知れない中国のIT事情に触れられる、今回のようなイベントは貴重だったのではないでしょうか?

また当日は、あいにくの雨でしたがたくさんの人にお集まりいただき、イベントを盛り上げることが出来ました。お足元の悪い中、参加してくださった皆さん本当にありがとうございました!年明けも積極的にイベント行っていきますので良ければお誘い合わせの上、またお越しください。


ツクルバでは、新しいメンバーを募集中!
興味のある方、ぜひお気軽にご応募下さい!