ツクルバのエンジニア兼デザイナーのようなことをしている谷です。

弊社のサービス、cowcamoで取り扱う物件の一部で公開している360度動画はご存知でしょうか?
例えば『アリスの東京ストーリー』という記事の最下部に埋め込まれている動画がそれです。
※スマートフォンからの場合、Youtubeアプリが起動するようにしています。

デスクトップであれば、埋め込み動画の中でマウスで操作ができますが、面白いのはYoutubeアプリでの再生です。

Youtubeは360度動画に対応していて、指のジェスチャによる操作だけでなく、ジャイロスコープで端末の角度や向きでカメラの向きが変えることができます。これにより、ただ動画を流し見るのではなく、まるで現地で案内されているような感覚で部屋を見渡しながら閲覧するという新しい体験が得られます。

こうした360度動画コンテンツは決して新しいものではないのですが、イメージとしてプロの機材が必要そうだったり、配信・再生する環境まで整えようとするとお金もかかりそうです。

しかし、今となっては比較的安価な機材とYoutubeさえあれば作れる!ということで、今回はその手順などを紹介したいと思います。

360度を撮影できるカメラ、リコーThetaS

THETA Sは、リコーが販売しているThetaシリーズの最新モデル(2015年後半)で、長時間360度動画を撮影できるカメラです。
cowcamoで公開している動画は、このTHETA Sを使って撮影しています。

撮影した動画の扱い

ここからは2つのパターンがあります。
最終的にはYoutubeへのアップロードをおこなうのですが、アップロードをする動画が360度再生に対応している動画かどうかのメタデータが動画ファイルに必要です。

THETA Sで撮影してそのままアップロードする場合、撮影した動画はそのメタ情報を持っているので、そのまま通常の動画のようにYoutubeからアップロードすればOKです。

しかし、cowcamoの場合は、各部屋ごとでの撮影をすることなどバラバラに撮影することがあるため、別途ひとつの動画に編集してつなげる作業をおこなっています。そのため、編集ツールから保存した動画はその360度動画であるというメタデータを失うため、それを別途付与する必要があります。

これも難しそうに見えますが、簡単です。この方法はYoutubeのヘルプで紹介されています。

Youtube: 360 度動画のアップロード

このページで案内されている360 Video Metadataをダウンロードします。

ダウンロードしたアプリは非常に簡素なUIで、単純に動画を読み込んで保存し直すだけのものです。先ほどの編集後の動画ファイルを「Open」から読み込むと、「No metadata found.」というメッセージが表示されます。この時、すでに動画にメタデータが含まれている場合には「Metadata found」のメッセージが表示されます。

メタデータのセット

今回は編集後だったのでメタデータは含まれていません。Youtubeに対応するためには「Spherical」にチェックを入れて「Save as」をします。これでメタデータを付与された動画ファイルができます。

metadata_add

Youtubeへのアップロード

メタデータが付与された動画ファイルさえできれば、あとはYoutubeにアップロードするだけです。

Youtubeへのアップロード

アップロードをするときには特別な設定は必要ありません。ただアップロードを完了してからすぐに360度動画として再生できるわけではなく、そこから数分待つ必要があります。もし数時間経っても360度動画にならない場合には、動画ファイルにメタデータが無いなどの問題があるかもしれないので、再度360 Video Metadataツールで開いてみるなどを試してください。

Youtubeでの見せ方をさらに工夫する

カバーのカスタム

Youtubeで動画をアップロードすると、動画の中のシーンのキャプチャがYoutubeでの動画一覧や、ページに埋め込みをしたときのカバー画像になります。
通常の動画であれば大きな問題はないのですが、360度動画の場合には横に広がったような、奇妙なカバーになってしまいます。

そのままだといまいちなので、任意の画像をカバーとしてセットしておくと良いでしょう。

custom_thumbnnail

カードの活用

Youtubeにはアノテーションという機能があり、動画の中の任意の時間や場所に参照リンクなどを置くことができます。プロモーションのための動画であれば、そこに販売ページへのリンクを置くといったこともできますが、実がこれがスマートフォンのYoutubeアプリでは(今のところ)有効ではありません。

そこで、新しく追加されたカード機能を使うと、スマートフォンで閲覧しているときも、アノテーションのように参照リンクを表示させることができます。

カード

下記の埋め込み動画を再生すると、3:45前後のところで右上にアノテーション的なものは表示されるのが確認できるかとおもいます。これがデスクトップでもスマートフォンアプリでも表示されます。

まとめ

360度動画の再生環境は数万円のカメラと、あとはYoutubeがあれば良いだけなので難しくはありません。撮影そのものは手順やテクニックなどが必要となってくるかもしれませんが、是非チャレンジしてみてください。


ツクルバでは、新しいメンバーを募集中!
興味のある方、ぜひお気軽にご応募下さい!