大好きな仲間と、大好きな場所で、
大好きを作って遊ぶ。

tsukuruba technology
アートディレクター/デザイナー

柴田紘之

Hiroyuki SHIBATA

ツクルバで働くことになった経緯を教えてください

ツクルバに入る前は、デザイン事務所でアートディレクターとして広告に携わる仕事をしていました。 主に企業や商品のブランディングを中心とした広告戦略、CI、VI、商品企画、空間演出、プロダクト、WEBプロモーション、イベント、グラフィック、ビジュアル、映像などクリエイティブと呼ばれる様々なデザイン業務を経験していました。 ツクルバを知ったきっかけは、中古住宅のオンラインマーケットカウカモです。ツクルバは、co-baをきっかけに知るパターンが多いようですが、私の場合はカウカモです。 カウカモだけの会社ならそこまで興味をそそられなかったかも知れません。しかし、ツクルバという会社はコワーキングスペースのco-baや、パーティークリエイションサービスのhacocoro、空間設計のtsukurba designなど、Web領域だけでなく、実空間を横断する多くの事業を手がけており、魅力的な会社でした。実際に代表中村と会って話をした時のスッと自分の中で落ち着く感じ、素直に「あっ。こんな人達と一緒に仕事出来たら毎日楽しいだろうな。」と自分の中で納得したのを覚えています。その直感は正しく、今もこうして日々楽しくツクルバの仕事をしています。

今のあなたの仕事は何ですか?

現在はカウカモのWeb周りのクリエイティブを担当しています。主にサイトデザインの修正や日々発生する制作全般を手がけています。今後はツクルバが携わるプロジェクトにデザイナーとして参加したいと思っています。

あなたの仕事の哲学は何ですか?

デザインは「設計」という意味で辞書に書いてありますが、カタチだけでなくそのカタチが作られる前の思想やビジョンも含まれる大きなフレームです。企業や商品、サービスが社会にとってどういった意味を持つのか。ビジネスがどういった構想で進んでいくのか。などといった事もまさにデザインと考えています。アウトプットももちろんデザイナーとして大事な事だと思いますが、その背景にある思想や考え方を大切にしています。

あなたの職種からみたツクルバのユニークな点は?

とにかく一人ひとりがプロフェッショナルであり、能力が高く、受け身の人間がいないところでしょうか。職業や仕事内容はバラバラでも芯にある魂は同じベクトルを向いている感じです。

あなたのワクワクするものは何ですか?

ワクワクする事は非常にシンプルです。 大好きな仲間と、大好きな場所で、大好きなものを作って遊ぶ。 曖昧な定義ですがこれが出来ている事はつまり楽しい。と一言で表現できる状態であり、ワクワクします。

あなたがツクルバで成し遂げたいことは何ですか?

ツクルバが仕掛ける「場」で小さな変化が生まれ、やがて大きな流れに変わる。 そんな世界を作れたら東京はもっと面白く魅力的になる。

未来のツクルバメンバーに向けたメッセージ

ただ、はっきりと言える事がある。「ツクルバはいいチームだ。」

ツクルバに興味を持った方はお問い合わせください。

お問い合わせ

ニュース