co-baと空間プロデュースと
子育ても掛け持ちする女性マネージャー

co-ba事業部
マネージャー
企画開発チーム

奥澤菜採

Natsumi OKUSAWA

ツクルバで働くことになった経緯を教えてください

前職の会社で、大きなプロジェクトが終わり、ちょうど10年経ったタイミングで自分なりに転機を感じていた時に、ツクルバが初めて外部採用するのを採用媒体「仕事百貨」で知りました。面白い会社としてマークしていたツクルバ、そこで代表二人が語っていたこれからの不動産のあり方や働き方、目指すものなどに強く共感し、会って話すだけでも面白そうだな、と思い応募しました。 特に、一連の不動産企画開発の中で、「企画会社→設計事務所→施工会社、とバトンを渡すうちに大事なことがこぼれていってしまう。そこに一本の軸を通したいんだ」、という言葉と、自分が抱えていた問題意識のようなものがピタッと合ったのを覚えています。あと、自分たちよりも年上でもいいし、子育て中でもいい、みたいな言葉もあって、あ、これは私が呼ばれている、と思いました(笑)

今のあなたの仕事は何ですか?

co-ba事業部と空間プロデュース事業部の二つを掛け持ちしています。 co-ba事業部は、シェアードワークプレイスとして自社運営するco-ba shibuyaの運営と、co-baネットワーク拡大の仕事に分かれます。co-ba shibuyaの運営は、日常管理や事務作業も仕事のひとつですが、会員さんとのコミュニケーションから関連性のある人同士を繋ぐことも仕事で、日々企画を考え、イベントを実施するなど、多岐に渡ります。co-baネットワーク拡大の方では、パートナーシップを組んでくださるオーナーさんを発掘し、立ち上げのサポート、運営フォローなどをしていますが、これも地域によって色があったり、オーナーさんそれぞれの想いがあったりするのでやはり、色々な仕事がありますね。 空間プロデュース事業部は、クライアントベースの仕事になります。遊休不動産の活用から、公共施設とのコラボ、時にはまちづくりの分野に渡るまで、ソフトコンテンツ企画やブランディング構築、ワークショップ運営、デザインなどあらゆる方法を駆使して、特色ある空間作りのために日々頭を悩ませ、リサーチし、コツコツとプレゼン資料を作っています。

心に残っている仕事、プロジェクトを教えてください

ツクルバでの初仕事となった、co-ba ROYAL ANNEXのプロデュースです。オーナーさんの賃貸マンションでの取り組みに共感したところから、私そのものでぶつかってチャレンジしてみよう!と、手書きの企画書を作ったり、3日でDIYして仕上げるワークショップを企画したりしました。非常に濃密で賑やかな時間を過ごすことができ、実際に出来上がった空間で、最初に思い描いたような人々が集う光景を目の当たりにして感動しました。 また、その場所から生まれる様々な活動に参加したり、いろいろな出会いを経験して、自分を広げられている実感があります。先日、この場から生まれたプレゼンイベントの「としま会議」にスピーカーとして登壇し、1年経って改めて自分の仕事を振り返る機会がありました。 やはり、日々の進歩は本当に小さな一歩ばかりなのですが、積み重なるとものすごい可能性やパワーを持ったものになっていたりする。仕事を選り好みしないでまずはやってみる、それを自分なりに楽しんでしまう、そしたら見たこともない世界が広がっている、というのが仕事の醍醐味ですね。ツクルバではそういう匂いのある案件が次々にやってきます。

あなたの職種からみたツクルバのユニークな点は?

20-30代の若い世代で少人数でチームを組むので、非常にスピーディーで個々の意見が出しやすく、フットワークも軽いので、とても働きやすいです。従来の企業のように、社内の調整、承認を得るために時間と労力を費やし、だらだらと会議を続けている状態とは無縁です。また、co-baのような多様なプレイヤーが集まるプラットフォームを持っていたり、社員それぞれが好奇心旺盛に活動しているため、様々な業種のキーマンと直接繋がっていて、自社の活動の相談やアドバイスだけでなく、コラボレーションもすぐに実現するというのもユニークな点だと思います。

あなたのワクワクするものは何ですか?

今は子育て中なので、子供が子供らしい限られた時間を一緒に過ごすのことが最高の楽しみです。子供の、何にも邪魔されない発想力や予想外だらけの行動、思いもつかない視点には、いつも新鮮な驚きと感動があります。アウトドアでキャンプしたり、川遊びや木登りを、室内でも絵や粘土などを一緒にするのが楽しいです。そのうち、家のひとつの部屋をアトリエに改造して、一緒に創作できる場所にしたいと思っています。

あなたがツクルバで成し遂げたいことは何ですか?

私自身の原点は、0歳から通った野生児を育てる保育園と、祖母の仕事場であった工場にあります。子供と大人、芸術と日常、様々なものが出会い行き交う、ワクワクするような場を作りたいと思っています。

未来のツクルバメンバーに向けたメッセージ

サバサバとして気持ちの良い人たちが集まった会社です。とは言え、一人一人を見ると、普通では自分と繋がりがなかったかも知れないと思うくらいバラバラな背景と人格を持った人たちです。でもその多様性こそがツクルバだと思います。まだまだスタートラインにある会社だからこそ、一から作り上げる喜びやチャレンジしてみる価値があるはずです。

ツクルバに興味を持った方はお問い合わせください。

お問い合わせ

ニュース

ブログ