ツクルバ、リノベーションマンション供給大手のスター・マイカグループと業務提携し、中古マンションの流通加速へ。cowcamo(カウカモ)のプラットフォームを活用

中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」を提供する株式会社ツクルバは、リノベーションマンションの供給を業界内で牽引するスター・マイカ・ホールディングス株式会社のグループ会社であるスター・マイカ株式会社及びスター・マイカ・レジデンス株式会社(あわせてスター・マイカグループ)と業務提携契約を2019年12月13日(金)に締結しました。
本提携により、会員登録ユーザー数12万人を超えたcowcamoユーザーの市場データを活用し、消費者の嗜好性を踏まえたデザインパターンを開発。購入検討者は施工前に複数のデザインパターンから、好みに合うものを選べるようになるなど、両社が保有する物件を通じてリノベーションマンション販売の新しい仕組み作りを行います。
今後は、販売の仕組みそのものを外部業者様にも開放し、業界全体で高品質なリノベーションマンションの流通促進を図ることも視野に入れ、事業を推進してまいります。

■多様化する消費者のニーズとリノベーションマンション業界構造


中古マンション市場は年々拡大しており、首都圏では、2016年以降中古マンション成約戸数が新築マンション供給戸数を上回っています。考えられる理由としては、リーマンショック以降の新築マンション供給戸数減少だけでなく、ライフスタイルの多様化により、住宅にも一人ひとりの価値観を反映させやすいリノベーションマンションを購入するという選択肢が広がっていることがあります。
そうした背景から、中古物件を購入し、自社でリノベーションを行った後に販売する事業者が増えてきました。 一方で事業者は多様化する消費者のニーズに必ずしも応えきれてはおらず、万人受けするような商品を作る傾向にあります。結果として、消費者のニーズが十分に満たされていない状況がありました。


■スター・マイカグループとの業務提携により質・量ともに事業拡大を見込む


弊社では、上記業界構造の課題解決に向け、この度リノベーションマンション流通のリーディングカンパニーであるスター・マイカグループと事業提携を結びました。年間約1,500戸(2019年11月現在)の中古マンションを取得し、保有戸数日本一(2019年11月現在)の同社と組むことで、購入検討者が喜ぶデザイン、買い方の仕組みの開発を行い、リノベーションマンションの更なる流通促進を狙います。


cowcamoでは累計6,500件を超える物件を取扱い、売買取引に基づく希少性の高いデータをベースにユーザーニーズを汲み取った仕様・デザインのリノベーション商品企画を行うことで、購入検討者は用意された複数のリノベーションパターンから好みのものを選択することができ、よりニーズに合った物件購入が可能となります。更にVR技術を用いた販売方法の併用で、工事着工前でも具体的なイメージを持った購入検討の実現をサポートします。

このサービスは既にトライアルとして両社でスタートさせており、今後も販売を通じて得られたデータに基づき、改善が繰り返されます。

cowcamoでは、今回の業務提携に伴いスター・マイカグループから年間30〜40戸の定期的な物件提供を受けることになり、流通取引量の増加が見込まれます。


■今後も「住まい領域の周辺まで」を視野に入れた業務提携を推進


本提携は直接的な事業シナジー創出を目的としております。これにより、cowcamoでさらにユーザー様に満足いただけるサービスを目指します。また、当社は今後も、住まい領域の周辺まで視野をひろげた業務提携を積極的に進めてまいります。


<スター・マイカ・ホールディングス株式会社 代表取締役 水永 政志氏のコメント>
メディアやエージェントといった消費者接点を持つツクルバ社との提携により、新しい顧客層のニーズを把握し、それに応えるべく新しい買い方を開発していきます。
当社グループは、これまで『より良い価格でより良い暮らしを』をバリューに事業を展開して参りましたが、今後も消費者の皆様にとってより良いバリューを創造することで、中古マンションの流通促進、リノベーション業界全体の発展に貢献していきたいと考えております。

<株式会社ツクルバ 代表取締役CEO 村上浩輝のコメント>
スター・マイカグループは「日本一」の物件ストックを持つ、リノベーションマンション供給のリーディングカンパニーです。同社の物件ストックの強みと、流通プラットフォームとして独自のポジションを築くcowcamoで蓄積されていくデータという強みが、提携により相互作用が働くと期待しています。両社の強みを活かし、cowcamoはより一層ユーザーのために最良の仕組みを提供するプラットフォームを目指して参ります。


<スター・マイカグループ(東証一部:2975) 会社概要>


『“作る”から“活かす”社会の実現へ』
買い手が限定されるファミリータイプの賃貸中物件を買い取り、貸借人の退去後、リノベーションによって新しい価値をプラスして販売する。ファイナンスの概念を不動産業界に持ち込んだユニークなビジネスモデルで「リノベーションマンション」マーケットをリードしてきました。
マーケットニーズに合わせた、より便利で快適な暮らしの提供を目指して、良質なリノベーションマンションの企画販売事業を行っています。

URL:https://www.starmica-holdings.co.jp/
設立:2001年5月
代表者:代表取締役 水永 政志
所在地:東京都港区虎ノ門4丁目3−1 城山トラストタワー28F


<株式会社ツクルバ (マザーズ:2978)会社概要>
「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、デザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場のデザインを行っています。主な事業として、ITを活用した中古・リノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」事業、あらゆるチャレンジを応援する、シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」などのシェアードワークプレイス事業を展開しています。

tsukuruba:https://tsukuruba.com/
cowcamo:https://cowcamo.jp/
設立:2011年8月
代表者:代表取締役CEO 村上 浩輝 / 代表取締役CCO 中村 真広
所在地:東京都目黒区上目黒1丁目1−5 第二育良ビル2F

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
株式会社ツクルバ (広報:高橋)
TEL: 03-4500-8940
MAIL: press@tsukuruba.com
`