TOP MESSAGE

代表メッセージ

Hiroki MURAKAMI

代表取締役CEO
村上 浩輝
1985年生まれ。立教大学社会学部産業関係学科(現経営学部)卒業。学生時代より事業を行い、スコット・デイヴィス研究室に所属。不動産ディベロッパーのコスモスイニシアに新卒入社、同社にて事業用不動産のアセットマネジメント事業に従事、リーマンショックの影響でリストラを経験。その後、不動産情報サービス事業などを展開するネクスト(現:株式会社LIFULL)でSaaS型サービスなどのITサービスの企画開発、マーケティングに従事。2011年8月に株式会社ツクルバを共同創業、代表取締役CEOに就任、現職。

事業の拡大を通じて
価値を届ける、
社会に必要な
事業体を目指して

企業の存在意義とはなんでしょうか。
それは事業の成長によって社会に貢献することだと考えます。

ツクルバがミッションに掲げている「場の発明」という言葉には、独自の定義があります。

シェアリングや既存アセットの有効活用といった手法で実空間の「場」をデザインすることや、インターネット空間で人と情報が交差する「場」をつくることも「場づくり」であると考えます。

大切にしているのは、「発明」とよべるほど広く世の中に普及させて、社会に大きな影響を与えること。社会がその存在を無くてはならないものとして認識し、誰が発明したのかも気にならないほどに普及させる。それが、私たちの考える事業を通じた社会への貢献です。

自ら変化することや勇敢な投資を恐れず、達成したいミッション・ビジョンのために、永続的に社会に価値を創出し続ける企業体を目指してまいります。

Masahiro NAKAMURA

代表取締役ファウンダー
中村 真広
1984年生まれ。東京工業大学大学院建築学専攻修了。建築家 塚本由晴氏のもとで学ぶ。不動産デベロッパーの株式会社コスモスイニシアに新卒入社、その後ミュージアムデザイン事務所にて、デジタルデバイスを活用した展示や空間プロデュースを経験。環境系NPOを経て、2011年8月に株式会社ツクルバを共同創業。創業時からの代表取締役CCOを経て、長期かつ広範囲な視点で「ムーブメントとしてのツクルバ」の実現を担うべく、2020年8月より代表取締役ファウンダーに就任。

人生を肯定する
「場」の力を信じて、
場をつくり続ける

なぜ我々が「ツクルバ」という企業名で、場をつくることを事業にしているのか。それは「場には、人生を肯定する力がある」と信じているからです。

意志のある人生は美しい。
そして、それを後押しする力が「場」にはあります。

成功を喜び、未知なる挑戦に興奮し、打ちひしがれて悲しみ、うまくいかないことに憤る。喜怒哀楽の日々の中で、あるがままに生きようとするほど、その意志を問われているように感じることもあります。

そんなとき、その全てを受け止めて「YES」と言うことができたら。
様々な想いと繋がれる場には、意志ある人生を肯定してくれる力があります。

ツクルバは場の力を信じ、これからも場をつくり続けていきます。それぞれが人生を肯定できる世界の実現のために。