ツクルバ設計によるバルクオム社の新オフィスが竣工

株式会社ツクルバが設計を担当した、株式会社バルクオムの新オフィスが2020年3月9日(月)、港区麻布十番に竣工いたしました。
ツクルバは、スタートアップやIT企業のオフィス設計受託事業を行っており、当社の設計チームは、「クライアントとの共創関係を築き、働く人が空間の主役である」ことを大切にしています。本件においても、バルクオム社の企業ビジョンをはじめ、固有のカルチャーや働き方を主眼として設計デザインを行ないました。
スタートアップから大企業のオフィスや、コワーキングスペースの設計を多数手がけた知見やノウハウを活かし、今後もオフィス空間づくりの設計受託事業を進めていく予定です。

■スタートアップやIT企業のオフィスを設計


ツクルバは、2011年の創業から、企業文化や人を理解し、「クライアントとの共創関係を築き、働く人が空間の主役である」ことを大切にしながら、スタートアップやIT企業のオフィス設計受託事業を行っています。
本件は、「メンズスキンケアブランド世界シェアNo.1」をビジョンに掲げ、化粧品をはじめとする男性のライフスタイルをトータルサポートする事業を展開する、株式会社バルクオムのオフィス移転をツクルバ設計チームが担当しました。

■デザインコンセプトは「Warehouse(倉庫)」


本設計におけるデザインコンセプトは「Warehouse(倉庫)」であり、武骨ながらも、細部までこだわったデザインを目指しました。
設計については、主要素材を素地のスチールやラーチ合板とし、照明のスイッチやレバーハンドル等の細部までこだわり、コンセプトのイメージを表現しています。
なお、各設計箇所の詳しい説明は下記になります。

<エントランス>
メンズ化粧品を提供しているバルクオム社ならではの受付を、水まわりを想像させるガラスで囲われたシャワーブースで表現し、来訪者に驚きを与えられるエントランスをデザインしました。吹き抜け部分の壁面は、金属パネルを貼り、6mの吹き抜けが印象的になるようにデザインしています。



<プレスルーム>
「6mの天井の空間」を贅沢に活かした、抜け感のある設計にしました。扉や会議テーブルの天板はモルタル素材を使用し、全体として清潔感のあるデザインとしています。



<会議室>
素材の素地感を活かした、「ラフさと無骨さ」のある空間を演出しました。「Warehouse」のコンセプトに合わせて、ガラス枠はスチールの素地、扉にはラーチ合板を使用しています。





<執務空間>
執務デスクのパーティション等にもラーチ材を使用し、ラフな印象を演出しています。また、フリースペースにはビッグテーブルを配置して、人数にとらわれず、集まりやすいスペースを確保しています。







<倉庫>
コンセプトを表現すべく、倉庫はあえて見せる倉庫とし、執務空間と一体の空間となるように設計しています。商品ラックは、工場用の製品を使用しており、より一層「倉庫感」を際立たせています。




【株式会社バルクオム】
株式会社バルクオムは「メンズスキンケアブランド世界シェアNo.1」をビジョンに掲げ、メンズスキンケアブランド『BULK HOMME』を展開するスタートアップ企業。
化粧品をはじめとする男性のライフスタイルのトータルサポートを行っています。
https://bulk.co.jp/

会社名:株式会社バルクオム
所在地:東京都港区麻布十番1-10-10 ジュールA 4F
設立:2017年5月19日
代表者:代表取締役CEO 野口卓也
事業内容:化粧品の企画、販売


【株式会社ツクルバ】
「『場の発明』を通じて欲しい未来をつくる」というミッションのもと、デザイン・ビジネス・テクノロジーをかけあわせた場のデザインを行っています。
https://tsukuruba.com/

会社名:株式会社ツクルバ(東証マザーズ 証券コード:2978)
所在地:東京都目黒区上目黒1丁目1−5 第二育良ビル2F
設立:2011年8月
代表者:代表取締役CEO 村上浩輝 / 代表取締役CCO 中村真広
事業内容:ITを活用したリノベーション住宅の流通プラットフォーム「cowcamo(カウカモ)」(https://cowcamo.jp/)、あらゆるチャレンジを応援する、シェアードワークプレイス「co-ba(コーバ)」(https://co-ba.net/


【報道関係者様からのお問い合わせ先】
株式会社ツクルバ (広報:高橋)
MAIL: press@tsukuruba.com
`